千葉銀行とは

千葉銀行は千葉県千葉市中央区に本店を置く地方銀行で、千葉県内では最大手の銀行として知られています。単独で運営する地銀としても、総資産で横浜銀行に次いで第2位に位置する大規模な地方銀行として営業しています。

千葉銀行は千葉県で栽培される「ひまわり」の花をシンボルマークとしたモチーフを採用し、略称は「ちばぎん」として地元から親しまれる銀行です。また、千葉市内をはじめとし、千葉市内の市町村における指定金融機関にも指定されることから、地元ではなじみの深い銀行として知られています。金融商品の要である定期預金の種類も豊富で、顧客の様々なニーズにも対応が可能です。

千葉銀行はニューヨーク支店、ロンドン支店、香港支店、上海駐在員事務所などを持っており、日経平均株価銘柄としても知られています。日本の国際空港の拠点である成田空港内にも、1支店と3つの出張所を設置しており、主に外貨両替や海外送金を取り扱う銀行として利用されています。

地域貢献活動の一つとしては、Jリーグ2部の「ジェフユナイテッド市原・千葉」のオフィシャルスポンサーでもあり、地域への金融業サービスの提供とともに地域貢献の一端を担っています。

千葉県内を拠点とする地方銀行である千葉銀行では、今後の展開として東京23区東部、埼玉県東部(武蔵野線、東部野田線沿線)、茨城県南部(つくばエクスプレス沿線)、茨城県鹿行地域などでの支店や営業展開を目指す新規開拓への展開を目指しています。

お客様に対するサービス向上を目指す業務提携としては、横浜銀行と提携しJR東日本の駅に設置されるATM「ビューアルッテ」の共同運営を行っています。また、コンビニエンスストアATMではセブン銀行と提携し、共同管理を行うとともに千葉銀行の口座開設もできる、銀行代理業務契約も結んでいます。